借地や借地上の建物の相続は共有より単有のほうがいい

土地1

人が亡くなると相続が発生して、亡くなった人の遺産を相続人が相続sることになります。そして遺産は不動産や預貯金や車などの動産などありますが、建物を所有するため土地を他の人から借りているいわゆる借地権も遺産となります。

そして借地権や借地上の建物の相続は基本的に共有よりも単有にしたほうがメリットがあると言えます。共有にしてしまうと売却する時に共有者全員で手続きを行わなければならないからです。

そして共有者がまたいっぱいいて、それぞれ住んでいるところが地方など離れているとなかなか一度に会うことも難しくなります。

そして時がたち共有者の一人が亡くなった場合はさらに共有の人数も増えるばかりか、面識のない人である可能性もあります。また借地上の建物の場合は所有しているので固定資産税がかかってきてだれが払うかについてトラブルになることもあるのでこのことからも単有にしたほうがいいです。

また最初共有にしてやっぱり単有にするといっても贈与税などの税金が問題となるのでやはり単有にするほうがいいでしょう。

借地契約終了後の敷金・権利金の取り扱いについて

参考サイト「借地買取 > 借地買取りドットコム」http://syakuchi-kaitori.com/